医療法人社団優成会 クロスクリニック

ご予約・お問い合わせ0120-51-2590

額・眉間・目尻の表情ジワの改善なら

ボトックス・ゼオミン注射

こんな悩みありませんか?

  • 額の横のしわが気になる
  • 眉毛を上げたときに
    深くしわが入る方
  • 眉間のしわが気になる
  • 眉をひそめたときに
    深くしわが入る方
  • 笑ったときの
    目尻のしわが気になる
  • エラが張っているのが
    気になる
  • ワキの汗や臭いが
    気になる

当院の考えるボトックス・ゼオミン治療とは

その名前から「菌を注入するの?」という誤解も多いボツリヌストキシンですが、毒性の成分は排除されています。
表情を作る筋肉は、近くにある神経から放出されるアセチルコリンという伝達物質を受け取って収縮するのですが、ボツリヌストキシンはアセチルコリンの放出を阻害します。そのため表情筋の収縮が抑えられてシワができにくくなるわけです。
ボトックス・ゼオミン治療の効果は3~6か月ほど持続します。
神経が徐々に機能回復するので再びアセチルコリンを放出するようになりますが、表情筋の緊張や収縮が抑えられていた間はしわが寄りにくくなり、溝はなくなったり浅くなったりするのです。この効果を継続させたい場合は年に2回、半年ごとに治療を受けるのをお勧めいたします。
笑った表情や眉間のシワの形が人によって違うように、表情筋のつき方や筋肉の量、動きの強さには個人差があります。その特徴を診察時や治療時にしっかりと確認をして、的確な位置に的確な量を注入することが、自然な治療効果を出すために大切です。いくらしわが出来なくなっても、無表情になったり、口の周りが弛緩して飲食に影響が出るようではいけません。当院では話す・食べる機能に影響せず、自然な表情ができて、その上でしわができない治療を行っています。

ボトックス・ゼオミン注射とは

クロスクリニック銀座で使用しているボツリヌストキシン製剤は
厚生労働省承認ボトックス・ビスタとFDA承認ゼオミンの2種類です。

ボトックスやゼオミンは商品名であり、正式にはボツリヌスAトキシンという注射薬です。毒性はなく、神経伝達物質「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあります。この働きを利用して、過剰な筋肉の動きと緊張を和らげ額や眉間、目尻などの表情ジワを改善させるのがボトックス・ゼオミン注射の治療です。半永久的に効果が持続するわけではなく、3ヶ月~半年ほどで元のシワに戻ります。若々しさをキープするには、年に2~3回の注入がおすすめです。

ボトックス注射とゼオミン注射の違い

ボトックス注射もゼオミン注射もボツリヌストキシン製剤で主に表情じわの治療に使用します。

ボトックスビスタ ゼオミン
製造元 アラガン社(アメリカ) メルツ社(ドイツ)
承認状況
厚生労働省承認
アメリカFDA承認
アメリカFDA承認
特徴 石川院長が長期に渡る使用経験がある。ボトックス注射は表情ジワ治療の代名詞ともなっており、アメリカやイギリス、ドイツ、フランスなど世界91カ国で承認、使用されている。 ボトックスの弱点である複合タンパクを含まないため、抗体産生による耐性が起きにくいのが特徴。効きにくくなる成分ができにくいので短期間での繰り返し治療ができる。

ボトックス・ゼオミン注射の効果と適応

  • <シワ対策>
    額・眉間・目尻の表情ジワの改善
  • <小顔対策>
    咬筋筋(奥歯を噛み締める筋肉)の発達によるエラ張りの改善
  • <汗対策>
    ワキ汗を止める
  • <リフトアップ>
    ゼオミンは抗体産生による耐性が起きにくいため、メソリフトや水光注射によるリフトアップの治療が可能

【施術の注意事項】
注入時、針を使う治療なので多少の痛みがあります。
特注のオリジナル極細針を使用しますので、痛みや内出血のリスクに配慮しております。
注入後、内出血が生じることがあります。
内出血によってアザができた場合は1~2週間程度で消失します。軽い腫れや軽度の疼痛が出る方もいますが、翌日には治るケースがほとんどです。

当院のボトックス・ゼオミン注射が選ばれる理由

ベテランの編集者や経験豊富なライターの方々に体験取材していただいた時のこと。様々な病院でボトックス注射を受けた経験のあるライターのおひとりが「石川先生の注射は、いつ針が刺さっているかわからない!全然痛くない!」と大感激。しかもゆっくり時間をかけた丁寧な治療に“ボトックス注射=痛い”という概念が吹き飛んだそうです。
もちろん、極細とはいえ針を使った治療なので痛みの感じ方は千差万別ですが、できる限り痛みを抑えた治療を受けていただきたいと思っています。

1.「とにかく丁寧な注入」で「親身なカウンセリング」

注射の痛みには2種類あり、①針を刺すときの痛みと②薬剤を注入するときの圧痛です。
①は上記極細針を採用することで軽減できます。
そして②はゆっくり少しずつ薬剤を注入していくことで圧痛を抑えることができます。おひとりにかける治療時間は長くなりますが、患者様第一主義のクロスクリニックでその方のためだけに丁寧な治療を心がけます。

2.「痛みの低減と自然な仕上がり」のために針などの道具へのこだわり

細かく丁寧な治療には医師の技術はもちろんですが、さらに完成度を上げるため注入針にもこだわりました。注入針の製造元と何度も試行錯誤を重ね、極細針を特注し、長さや角度にもこだわったオリジナルの注入針を使用しています。

3.学会発表・論文発表、知識と経験の向上

学会や論文発表も積極的におこない、顔の構造を熟知した形成外科専門医ならではの知識と長年の経験を活かした技術で、痛みや内出血を抑えつつ自然な効果を出す治療をおこなっています。無表情や能面のような顔になってしまうケースは、医師の知識と経験不足、未熟な技術によるものと考えます。

2016年 第39回日本美容外科学会総会 「Thermal Rejuvenationの⾧期経過(第14報)とボツリヌストキシン併用について」

禁忌(ボトックス・ゼオミン注射が受けられない方)
  • ・妊娠中、授乳中の方
  • ・眼瞼下垂の方(シワ治療の場合)
などはボトックス・ゼオミン注射を受けることができません。
気になることはお電話、またはカウンセリング時にお尋ねください。

ボトックス・ゼオミン治療の流れ

STEP 1.
ドクターカウンセリング

ボトックス・ゼオミンの治療について日本形成外科学会会員認定の形成外科専門医が説明します。疑問や不安など何でもおたずねください。

STEP 2.
洗顔

洗顔用品はクリニックにご用意してあります。

STEP 3.
ボトックス・ゼオミン治療(10分程度)

全ての患者さまの治療を形成外科専門医が担当します。

STEP 4.
終了

基礎化粧品はクリニックにてご用意してあります。
メイクも可能、お化粧して帰る方はメイク用品をご持参ください。

ボトックス・ゼオミン治療の症例紹介

表情ジワの改善

  • 施術前
  • 施術後
  • 施術前
  • 施術後
  • 施術前
  • 施術後

小顔エラボトックス

  • 施術前
  • 施術後

24歳女性 ボトックスを両側40単位ずつ注射 1回治療1ヶ月後

よくある質問

  • ボトックス・ゼオミンって何ですか?
    ボトックス・ゼオミンとはボツリヌスAトキシン製剤のことです。毒性はなく、神経と筋肉の連結部分に作用して筋肉の動きを弱めるため、眉間や目尻など表情筋の動きによってしわが作られる箇所に注入するとしわが寄りにくくなるという効果を発揮します。当院で使用しているアラガン社のボトックス・ビスタは2009年にしわ治療において厚生労働省の認可を得ています。
  • しわ治療の他に期待できる効果はありますか?
    奥歯を噛み締める筋肉の発達による「エラ張り」などの治療にも使用します。小顔への効果が期待できるほか、ボトックス・ゼオミンはワキの汗止めにも有効です。
  • 同じような注入治療のヒアルロン酸とは何が違うの?
    ヒアルロン酸はしわの溝を埋めていくタイプの注射ですが、ボトックス・ゼオミンはしわを作る筋肉に作用して筋肉の過剰な動きをコントロールする、つまりしわを寄らなくする施術です。
  • 顔のしわ全てに有効ですか?
    全てではありません。筋肉の動きを調整してしわを伸ばすボトックス・ゼオミンは、表情筋が関係するしわが対象となります。ボトックス・ゼオミンの適応部位は、額や眉間、目尻などです。
  • 効果はどれくらい持続しますか?
    1回の治療で3~6ヶ月程度持続します。ご希望に応じた医師とのカウンセリングのもと、適切なタイミングで注入を重ねることで、効果の持続期間が長くなるといわれています。
  • 治療間隔は?
    効果の持続には個人差がありますが、3~6ヶ月に1回が目安です。
  • どのくらいで効果が出てきますか?
    部位や個人差はありますが、治療後2~3日すると効果を実感できます。
  • 痛みや副作用はありますか?
    特注の極細針を採用し、ゆっくり丁寧に注射するので痛みはほとんどなく、麻酔の必要もありません。注入後に腫れるなど副作用の心配も不要です。メイクをしてお帰りいただくことも可能です。
  • ヒアルロン酸注入やウルセラなど他の治療を受けていてもボトックス・ゼオミンを受けられますか?
    受けられます。同日に組み合わせる治療も相乗効果が期待できるのでおすすめです。気になる治療があればご相談ください。
  • 月曜日だけ治療費が安いのはなぜですか?
    特別外来を担当してくださる帝京大形成外科の小室裕造教授の治療が月曜日です。実績豊富な小室教授の治療が受けられる週に1回の貴重な月曜日なので、一人でも多くの方に治療を受けていただきたいと思いお得な費用にしています。
  • 無表情の顔になったりしませんか?
    なりません。クロスクリニック銀座では、熟練した形成外科専門医が丁寧なカウンセリングを行ったうえで、適切な施術を行いますのでご安心ください。
  • 1回ボトックス・ゼオミンを受けるとやめられなくなったりしませんか?
    半永久的な効果ではないので、ご本人が効果を気に入り定期的にボトックス・ゼオミン注射を受けることはあっても、やめたいのにやめられなくなるようなことはありませんのでご安心ください。
  • ボトックス・ゼオミン注射をやめるとシワが悪化したりしませんか?
    悪化することはありません。効果が切れてくると徐々にシワが出やすくなり、元のシワが寄る状態に戻るだけです。シワのない顔に慣れていると悪化したように感じる方がいるのかもしれませんが、ボトックス・ゼオミンを受けたことで受ける前よりシワがひどくなる心配は不要です。

ボトックス・ゼオミン注射の料金表

しわ治療
項目 価格 キャンペーン
ボトックス注入(額・眉間・目尻) 各1ヶ所 ¥50,000  ¥30,000
エラボトックス ¥80,000
ワキボトックス ¥100,000

税抜き価格です。

医療法人社団優成会 クロスクリニック

気になる悩み、まずはお気軽にご相談ください。0120-51-2590
Copyright © Cross Clinic All Rights Reserved.